2013 3月の記事一覧

5月11日(土)~12日(日)に神戸で学校体育研究同志会の中間研究集会が開催されます。

「ともに学び合う体育教育の創造」

~わかる・できる体育と子どもの見方・働きかけ方~

 

全国研究局では、この間の研究課題として、「三とも(ともにうまくなる、ともに楽しみ競い合う、ともに意味を問い直す)」の実践的な姿の探求をあげています。なかでも、「ともに意味を問い直す」実践の姿の探求と並んで、うまくなることに関わった変化をどう読み取るのかの探求も課題としています。そこで、今回の中間研究集会では、「子どもをとらえること」や「そこから子どもにどう働きかけるのか」について交流していきたいと考えました。
またこのことと関わって、現場の教師はどんな工夫を行っているのかについての交流を行いたいと考えています。マニュアル指導法通りに実践しても子どもがうまくならないのは、「教師の働きかけが子どもの認識を揺さぶるものとなっていないこと」があげられます。ぜひ、今回の集会に参加されて、お互いの指導のあり方について話し合ってみませんか。

《と き》
2013年5月11日(土)~12日(日)13時開会(12時30分受付)

《ところ》
たちばな職員研修センター(神戸市役所水道局三階)
(JR神戸駅北徒歩5分)

TEL: 078-341-0120

《日 程》

11日(土)
13:00

「あいさつと体罰問題に対する声明」 田中新治郎(全国常任委員長)

13:15

集会開催の趣旨説明 岨 和正(全国研究局)

13:45

【講演】「体育において『わかる・できる』を豊かにする教師の働きかけ」 阪田 尚彦(さかた・なおひこ)(岡山大学名誉教授)
◇必読文献:阪田尚彦『体育教育-教授学への試み』一茎書房、2012

15:15

【休憩】 全体 質疑・討議

16:45

あわじ全国大会成功へ向けて
◇分科会世話人・支部代表者はぜひご参加ください。
□夕食を兼ねた交流会は18時半~

12日(日)

 9:00

提案と交流「子どもをとらえ、子どもに働きかける工夫」 大後戸一樹(広島大学・元小学校教諭)

10:10

報告「すべての子どもたちに豊かな運動文化を~子どもの生きる力につながる
体育・健康教育実践を創造しよう~  あわじ大会基調提案作成委員会

11:45

2013あわじ大会にむけてのアピール

12:00 終了

《宿泊》

「エスカル神戸」(海員会館)(神戸駅から北へ徒歩15分・大倉山にあります。) 一泊朝食 7000円

《参加費用》

一般2500円(会場費、講師料等)、学生1000円、1日参加費1500円 *交流会費は別途かかります。

《申し込み・お問い合わせ先》

〒656-2155 淡路市大町217 岨 和正
TEL・FAX: 0799-62-2144 / 携帯: 090-1029-6412
E-Mail: sowachan@hb.tp1.jp

*氏名・住所・連絡先・宿泊希望などを明記して、4月20日までにお申し込み下さい。
*詳細や会場の地図などは、4月以降に同志会ホームページでご確認ください。「学校体育研究同志会」で検索。

申込・案内用紙はこちら(Word)

カテゴリー: 研究集会

3月30日午後1時から『スポーツ界から「暴力指導」の根絶を―決意を示し、改革の共同を呼びかける“つどい”』が開催されます。詳細はこちら。

ご案内

スポーツ界から「暴力指導」の根絶を~~決意を示し、改革への共同を呼びかける“つどい”

 

あいつぐ学校のスポーツ部活動での暴力と体罰、そして尊い命を絶つ悲惨。選手生命を賭してパワー ハラスメントを告発した 15 人の女子柔道の選手たち。いま、スポーツ界に根深い暴力体質の現実と向き 合い、その根絶をめざす決意を示し、心ひとつにして立ち向かうときです。

この事態と問題を深刻に受けとめて、当該する学校の教師・保護者・卒業生などが立ち上がり、実績 を持った少なからぬスポーツ人や関係者が憂慮し、「暴力・体罰反対」の発言を発しています。さらに、 スポーツ団体、教育団体、体育・スポーツ研究団体、法曹界、労働界など各分野から「暴力根絶」の声 明や決議が広がっています。

スポーツが人格の形成と各人の能力の発達をうながし、健康で文化的な生活に欠くことのできない権 利であることを確信し、その実現と発展にむけた活動に力を注いでいる私たちは、暴力・体罰は人権を 蹂躙し、スポーツをゆがめ、社会の進歩とはまったく相いれない蛮行であることを、きびしく指弾し排 除するものです。

スポーツ界から暴力指導をなくし、教育と科学と人権尊重にしっかりと依拠した指導を確立すること は、この分野に在るすべての人びとに提起されている課題であり、その解決と改革にむけて広く連帯し、 語り合い、探求し、行動することが求められています。私たちはこの共同行動の第一歩を踏み出そうと の思いから、『スポーツ界から「暴力指導」の根絶を~~決意を示し、改革への共同をよびかけるつどい』 を開催することにしました。多くの方々の参加を希望しています。

「つどい」呼びかけ人一同(アイウエオ順) 石川正士(元法政二高体育教師)、伊藤高弘(H・P・S=健康・体育・スポーツ=ネットワーク世 話人)、川口智久(スポーツ九条の会世話人)、田中新治郎(学校体育研究同志会全国常任委員長)、 永井博(新日本スポーツ連盟会長)、広畑成志(オリンピック研究者)、舟見久子(全国養護教諭 サークル協議会全国事務局)、正木健雄(子どものからだと心・連絡会議顧問)、望月浩一郎(弁 護士・日本スポーツ法学会会員)、山崎健(現代スポーツ研究会代表幹事)

 

〇催し『スポーツ界から「暴力指導」の根絶を~~決意を示し、改革の共同を呼びかける“つどい”』

〇日時 3月 30 日(土)午後1時~午後5時
〇会場 武蔵野美術大学新宿サテライト(新宿センタービル 9 階) 〇参加費 1000円(資料・通信費等)
〇内容

1 あいさつ 伊藤高弘
2 意見交流 「暴力指導根絶とスポーツ改革の課題を探る」 3「共同のよびかけ」 正木健雄

〇連絡先 秋本信孝(H・P・Sネットワーク事務局)

akmt18herbst@yahoo.co.jp

簗田陽子(学校体育研究同志会事務局)

y.y-yana345@w3.dion.ne.jp

 

カテゴリー: NEWS